株取引を行なうメリット

株取引は何も目的を持たずに行なうとただのギャンブルと同じようなものですが、常に根拠を持って行動し、情報をかき集める努力を行なえば結果にも繋がり、何より自分の知識が増えます。株取引をする上でのポイントや意識することをまとめたいと思います。

株取引の意識する点について

株投資で意識する点としては、その人のルールとして引っかかるところがどこか、というのがポイントになります。ルールというのは、あなたの株投資のポリシーでもあります。例えば優待をもらうのが目的で優待株を持っている人の場合、基本的に長期保有を基本とするので値上がり・値下がりに一喜一憂することはそうありません。長期保有するか、できるかどうか、優待がなくなったりしないか、というようなことを基本として考えればいいのです。このため、もし優待がなくなったり改悪された場合、株を売ることを考え始めてもいいでしょう。極端に値動きがあった場合にも行ってもいいかもしれません。一方、売買益を基本とする場合は、その人のルールがどのようなものかを考えましょう。例えば購入価格より5パーセント価格が落ちたら売って損切りする、というような損失を防ぐルールをしっかり持っておきましょう。また、売るときには値上がりして自分にとって利益を確定させていいタイミングと売値で売るのが一番です。もちろん株が売り注文を出した時の価格で売れるとは限りませんが、価格は考える必要があります。また、デイトレーダーが守っているルールとしては、必ず株を持ち越さないというルールの人もいます。これは朝から夕方までの株式市場が開いている時間だけこまめに売買するというもので、実は優待狙いなどの株は別で持っていることもあります。このため、デイトレーダーの場合はその日に全て売るものは売り、翌日に持ち越さないというのが基本的なルールなのです。他にも、手数料を考えて売買をする人もいれば、なんとなく投資先として面白そうなところにする、というような自己ルールを設定している人もいます。そのルールを意識して売買すると、損が出にくくなります。

株を失敗することによるデメリット

これから株を始めようと思っている方に知っておいて頂きたいのが損をする場合も大いにあるということです。利益をだすためには安く買って高く売ることが原則となります。しかし、株価とは毎日変動するものであり、上がるときもあればもちろん下がるときもあります。また、ずっと下がり続ける銘柄もありますし、買い続けていた銘柄の会社が倒産してしまうケースもあります。買っていた銘柄の会社が倒産した場合、持っていた株は価値がなくなってしまいただの紙切れになってしまいます。運よく売れたとしても1円ということも大いにあります。その場合多額の損失を被ることになってしまいます。ですが、文句を言うことは出来ませんし、それが株というものですので諦めるしかありません。これが株の怖いところです。また、経営が悪化しているというニュースを聞いた株主の人はみなさん紙切れになる前に売ろうとするので、更に株価が下がることもあります。その場合、多額の投資をしていたとしても利益はおろか損失が出る可能性も大いにあります。株で成功した方を取り上げている番組なども多くありますが、全員が利益を出せる方法など存在しません。成功した方がいる一方で多額の損失を出している方も多くいらっしゃいます。また、ネットを使った取引のため、現金を出し入れする感覚がなく、金額の認識が薄くなりがちです。そのため、自分ではこんなにつぎ込んでいないつもりでも、かなりの額を投資しており損失もかなりの額にのぼっている可能性もあります。これから始めてみようと思っている方は、元本割れをおこす可能性があるということをしっかり理解して、損失がでたとしても支障がない額で投資をおこなうように注意をしてください。

株で成功するための準備

近年は株やFXといった投資が注目されています。CMなどでも株などのCMを頻繁に目にすることがあり、ニュースなどでも主婦が株で大儲けといった話も取り上げられています。しかし、それとは逆に投資で大きな損失を出し取り返しのつかない事態にまで陥る人も後を絶ちません。ここでは、そんな株などの投資で成功をするための準備をお伝えしていきます。まず個人投資家の多くの方が、どのような根拠で売り買いをしているのかといいますと、そのほとんどが値ごろ感で売買をしています。これはスーパーに行って「キャベツがいつもよりも安いから買っておこう」といった感覚になります。まず初めに覚えておいてもらいたいことは、このような感覚で成功するほど投資の世界は甘くはありません。日本では投資を始める際に、初めにすることは口座を開設するという方が多くなりますが、海外では、まず初めに投資の知識を学び、その学んだ知識からオリジナルのトレードルールを構築していきます。そして、その構築したトレードルールを最低でも2年程度はデモトレードで検証をして、そのルールで成功することができるのか確認をしていきます。このようにして成功をする準備を進めていきます。より具体的な流れをお伝えすると、初めに知識を学んでいき、相場の動向が、どのような傾向にあるのかを把握していきます。次に、そこで学んだ知識を基にして、トレードルールを構築していきます。そうしたら過去のチャートでルールの当てはまる部分を見ていき、トータルで利益が出ているか確認をします。その後はルールが自分のライフスタイルとマッチしているのかを確認するためにデモトレードをして、それでも利益が出ることが確認できたら、リアルトレードを開始します。
■注目すべき株の情報を見ておきましょう
株価の予想ならこちらを参考に